FC2ブログ

記事一覧

留学生の在留審査 厳格化

留学生の在留審査 厳格化※朝日新聞 2018.11.19 掲載記事 この地図グラフは、弊社の地図グラフ「機能487:アジア地図棒グラフ」を使い作成しました。朝日新聞に掲載された記事の内容は次のとおりです。東京入管 資格交付 一部で激減「東京入国管理局が、日本語学校などで学ぶため来日する留学生の在留資格審査を厳格化させていることが、関係者の話で分かった。不法就労などへの対策強化が背景にあるが、東南アジアなど一部の...

続きを読む

最低賃金、23県「目安」超え 人材確保狙い近隣県を意識

最低賃金、23県「目安」超え 人材確保狙い近隣県を意識※朝日新聞 2018.8.11 掲載記事この地図グラフは、弊社の地図グラフ「機能678:白地図色塗り」を使い作成しました。朝日新聞に掲載された記事の内容は次のとおりです。『2018年度の最低賃金(時給)の改定額が8月10日、全都道府県で出そろった。厚生労働省の審議会が7月に示した目安を超える引き上げ額で決着した地域が23県に上り、前年度の4県から大幅に増えた。人手不足のな...

続きを読む

首都圏の75歳以上人口の2015年と2040年の比較

国立社会保障・人口問題研究所が発表した「日本の地域別将来推計人口」のデータを基に、弊社の地図グラフ「機能678:白地図色塗り」を使い、首都圏の75歳以上人口の2015年と2040年の比較をしました。この地図グラフを見ると、関東地方の千葉県、東京都、神奈川県で急速に高齢化が進み、首都圏ではは2040年には2015年に比べて75歳以上の人口が5割弱(1.49倍)も増加すると予測されていることが分かります。...

続きを読む

中高年骨折リスク「西高東低」

2017年10月13日 朝日新聞 掲載記事中高年骨折リスク「西高東低」 近大など調査、納豆消費量が影響? ※弊社の地図グラフ「機能678:白地図色塗り」で作画しました。骨粗鬆症で起こりやすくなる中高年の大腿骨骨折の人口あたりの割合は西日本で高く、北海道や東北地方で低いという調査結果を、骨粗鬆症財団や近畿大などの研究グループがまとめた。食生活の違いなどが関係している可能性があるという。調査は厚生労働省のデータベ...

続きを読む

東京都の待機児童数

東京の2016年の待機児童数は前年比で652人が増え、合計で8,466人となった。※Webサイト「子育てJAPAN」の「東京都の待機児童数ワーストランキング (2016年/平成28年度)」のデータを参照して地図グラフを作成しました。...

続きを読む